今帰仁城跡
今帰仁城跡

今帰仁城跡の歴史

今帰仁城跡の歴史は古く13世紀まさかのぼります。正確にいつごろに誰によって築かれたかは、現時点では不明です。今後発掘調査が進むにつれ解明されるでしょう。
今帰仁城跡の歴史

三山時代

三山時代14世紀の中国の史書に琉球国山北王「はにじ(はにじ)」「みん(みん)」「はんあんち(はんあんち)」の三王が登場します。この頃の沖縄本島は北部地域を北山、中部地域を中山、南部地域を南山がそれぞれ支配した「三山県立の時代」でした。北山王は沖縄島の北部を中心に支配下とし、中国と貿易をしていました。しかし1416年に中山の尚巴志によって滅ぼされ、北山としての歴史の幕を閉じることになります。
 
 

監守時代

監守時代北山の敗北後、中山は北部地域の管理とし監守を設置。1422年以後監守の居城としてグスクを利用します。しかし1609年に薩摩軍による琉球侵攻にあい、城は炎上しました。監守が住まなくなって以後は御嶽とし精神的拠り所として広く県内から参拝者が訪れました。
 
 
 

監守時代以降

監守時代以降監守が首里に引き上げたとされる1665年以後の今帰仁村は精神の拠り所として崇拝されてきました。現在でも今帰仁城跡には火神の祠があり、その時代を垣間見る事ができます。

コンテンツ
ご利用案内
今帰仁城跡の案内
今帰仁城跡の歴史
イベント紹介
世界遺産ウエディング
アクセスマップ
リンク集
お問合せ
歴史文化センター
グスクミュージアム
今帰仁城跡のホームページ

今帰仁城跡 公式Facebook

ガイドと歩く世界遺産 今帰仁城跡

沖縄 宿 今帰仁の宿 ハイビスカス

ペンション サンセットビーチ

昭和居酒屋 北山食堂

沖縄 シーカヤック カヤックを楽しむなら今帰仁村のオーシャンブリッジ沖縄

今帰仁城跡 JAPANESE English 繁体中文 簡体中文